« カウンセリングQ&A-9 | Main | 自信とは結局何なのか? »

October 01, 2009

心理カウンセラーの日常公開

最近毎朝5時に起きて仕事をするようになりました。

それまでは6時ごろ起きていましたが、もっと早朝の時間を有益に使おうと思い、一時間早く起きるようにしています。

できれば4時半に起きてという習慣にしたいと考えています。

やはり早朝は集中力が出て、仕事の能率が上がります。

そして一日を本当に長く使えます。

夜はだいたい10時半から11時ごろには床につきます。

私の場合、睡眠時間は6時間あれば大丈夫だということもわかりました。

書店に行くと、朝4時起きだとか、3時起きを進める書籍を見かけます。

さすがに3時起きまですると、夜家族と過ごす時間が大幅に減ってしまうので、そこまではできませんが、5時に起きて途中朝食もとり、9時前までにはかなりの仕事がこなせます。

そして9時以降電話相談や面談カウンセリングをこなし、空いている時間にはまた仕事をこなし、夕方にはひと段落します。

そして夕方以降時間が空いていれば、ランニングをしたりジムに行ったりします。

スクールカウンセリングの勤務がある日は、朝6時50分に家を出て、帰宅は夕方6時30分ごろです。

この間はメールチェックなど一切出来ないので、帰宅後に一気にします。

その後7時からの電話相談を行います。

夜はだいたい家でゆっくりとくつろぐ時間に充てています。

夜の食卓は実に会話の多い時間となり、私の大好きなひと時でもあります。

そうそう、今月はいよいよ荒川沿いで行われるハーフマラソンに出場予定です。

そしてできれば来年の荒川市民マラソンでフルマラソンに出場したいなと考えていますが、これはもう少ししてから決めようと思っています。

ランニングは完全に私の生活の一部として定着したといっていいと思います。

走っている時は頭も心も「無の状態」になれるんです。

私にとって実に貴重な時間になっています。

ということで、何気ない一日を書いてみました。


自信をつける秘密を下記のページで公開しています。
パソコンの方はこちら
携帯電話の方はこちら

|

« カウンセリングQ&A-9 | Main | 自信とは結局何なのか? »